たまゆら日記
日々の生活の中で体験したことや感じたことをありのままに記していきたいと思います。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「優しさ」って何だろう?
 まだ、体調が思わしくないので、あまり面白い記事を書くことが出来ないのですが、前回に続き、今、私が感じていることを書かせていただこうと思います。(長文です)

 10年近くにわたり、私を治療してくださったM先生が、体調を崩されました。
そのため、担当が、新しいT先生となりました。

 実は・・・このT先生、医者というより、科学者というか、技術者というか・・・
とにかく、診察が冷徹、いや冷静沈着というべきか・・・
 機械のような冷たさ、を感じるのです。(冷え症の私にはツラくてツラくて (。-_-。))  

初めてお会いした日のこと。カルテに目を通し、一通りの問診を終えた後、おもむろに、

Dr:薬が症状に合っているのか調べます。診察台に横になってください。
私:えっ、でもM先生が、それが一番合う薬だって・・・
Dr:それを今から、私が確認します。 (氷ボイス)
私:症状は良くなっているのですが・・・
Dr:完全に良くなっていないから、病院へ来ているのでしょう。(氷点下ボイス)
私:ハイ (そりゃそうだけど・・・・ ごもっとも) (ノ_<)

 後で知ったことですが、前の先生と同じ薬を処方しても、何かトラブルが起きたときは、それらは全て、処方した今のドクターの責任になってしまうそうです。

 M先生と比べると、治療はかなりスパルタです。
どんなに嫌がっても、懇願しても、必要なことは必ず行い、ダメなものは絶対ダメ
 激痛を伴う検査をためらう私に対し、ただ、ひと言

Dr:検査を嫌がっていても、状況は改善しません。 (絶対零度ボイス)
私: ハイ (M先生、助けて~) 。゚(゚´Д`゚)゚。 

 診察に関しても、こちらがシロートの患者であっても、全く手加減ナシ
専門用語がバンバン飛び交い、ちょっとでも曖昧な答えには、容赦ない突っ込み!
 NHKで、放送されている「総合診療医 ドクターG」に出てくる、カンファレンスの医師vs素人(患者)版、といったら分かりやすいかも。
 ただ、ドクターGと同じように、私の言葉を裏の意味まで、読み取ってくださいます。
(ちなみにT先生も総合診療部のドクター)

 しか~しT先生、医師としての腕は確かです。
先日、診察が10分以上続いたときがありました。ずいぶん長いなと思っていると、

Dr:来てからずっと、息切れが続いているようだけど、苦しくない?

 ・・・ビックリでした。私自身も気付かなかった。
調べたら、血圧が90/61㎜Hg、原因は、降圧剤の効き過ぎ。
 T先生は、ずっと私の呼吸の変化を観察してくださっていました。
診察は、患者の顔色、声、表情、目の動き、体の状態、それら全てを診るとか。
 正しい診断が、患者を救う。
T先生は、そんな優しさを持ったドクターなんだと、思えるようになりました。

よく「医師はサービス業」という人がいますが、私はそうは思いません。
 医師とは、知識や技術を極限まで極めた、職人集団だと思っています。
職人ゆえの、厳しさや、頑固一徹さも、ある程度必要なのでは?
 治療が多少遅れても、患者の気持ちを可能な限り尊重する優しさを持ったドクターと、患者を助けるためなら、鬼にも悪魔にもなる優しさを持った、リアルブラックジャック。

命を預けるのにふさわしいのは、どちらのタイプのドクターなのか?
 本当の優しさって何だろう、最近ちょっと考えてしまいます。
スポンサーサイト

コメント
こんばんは
体調、大丈夫ですか?
このT先生の言葉、私だったらドクハラって思っちゃうかも。
のりなすさんの、T先生を信頼している様子がうかがえます。
優しい医師と厳しい医師。どちらに命を預けるべきか?
難しい問題ですね。
[2016/03/26 21:42] URL | ゆん #- [ 編集 ]

ゆん様へ
確かに、厳しい部類に入る言葉ですねi-229
私も最初は、T先生に診て頂くことには抵抗がありました。
考えが変わったのが、年末の鼻血大出血の時。
大変心配してくださり、初めて優しさを感じましたe-140(今まで一度も感じたこと無かった)
まさに「雨降って地固まる」という感じでしたv-279
[2016/04/05 23:16] URL | のりなす #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://totiotome0141.blog.fc2.com/tb.php/311-c2e5c9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のりなす

Author:のりなす
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは

どうぞごゆるりと

おくつろぎください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。