たまゆら日記
日々の生活の中で体験したことや感じたことをありのままに記していきたいと思います。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪がいっぱい
 「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な、漫画家の水木しげる先生が、逝去されました。
実は私、以前、鳥取県境港市の「水木しげる記念館」を訪れたことがあるのです。
 SDカードを探したら、ありましたありました
街全体が、鬼太郎一色の独特の世界観。
 まずは、ご覧くださいませ。

 鳥取県米子駅
ktr25.jpg
鬼太郎ワールドへの序章

 電車もオリジナルです

 ねこ娘列車
ktr2.jpg
ktr1.jpg
ktr3.jpg
車内もピンクで、ずっと乗っていると、ちょっと頭がクラクラヽ( ´_`)丿 
 
 他のキャラクターの列車もあります
ktr4.jpg
ktr5]
小さなお子さんたちが大喜びでした

 駅名も、鬼太郎ワールド全開

 本来の駅名の他に妖怪の名前が付いています
ktr6.jpg
ktr7.jpg
ktr9.jpg
ktr10.jpg
鬼太郎駅が、終点の境港駅になります

 境港駅の待合室
ktr11.jpg
コレを見たときは、テンションかなり 

 駅前広場
ktr12.jpg

 水木しげる記念館へのシンボルロード
ktr13.jpg

この、シンボルロードは、お楽しみがいっぱい (((o(*゚▽゚*)o))) 

 マンホールのふた
ktr14.jpg
ktr15.jpg
カラフルでとっても綺麗
マンホールのふたを見つけながら歩くのも楽しそう

 公園
ktr16.jpg
公園も妖怪一色

 道沿いに並んだ妖怪たち
ktr18.jpg
ktr19.jpg
ktr22.jpg
ktr20.jpg
これはあくまで一部ですが、ホント色々な妖怪に出会えます

 水木しげる記念館
ktr21.jpg
ktr23.jpg
商店街を抜けたところにあります
館内は撮影禁止のため、写真はここまで

 水木しげる先生の銅像
ktr24.jpg
記念館の敷地内に建てられています

 正直申しますと、子供の頃「ゲゲゲの鬼太郎」は、怖くて見られなかったのです。
どちらかというと「オバケのQ太郎」の方が、好きでした作風が違いすぎますね(〃▽〃))
 今、改めて「ゲゲゲの鬼太郎」を観てみると、色が鮮やかになって、怖さもある程度、緩和されているような印象を受けます。
 「妖怪ウォッチ」や「ポケットモンスター」等、妖怪を扱ったアニメは、どれも「怖さ」よりも「面白さ」が、前面に出ているように感じます。
 これも時代の流れなのか?
 
 現代では忘れられがちな、科学を超えたものに対する尊崇や畏敬、そういった思いを、ほんのちょっとだけ思い出させてくれるのが、「ゲゲゲの鬼太郎」の魅力なのかもしれないです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://totiotome0141.blog.fc2.com/tb.php/301-bb46629d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のりなす

Author:のりなす
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは

どうぞごゆるりと

おくつろぎください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。