たまゆら日記
日々の生活の中で体験したことや感じたことをありのままに記していきたいと思います。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逍遥園に行ってきました
 先週末、日光の東照宮の近くにある輪王寺の逍遥園に行ってきました。
奥日光は、もう紅葉も終わりかけですが、逍遥園は、まだ紅葉も健在。
 ちょっとだけご紹介させていただきます。

 逍遥園
shouyou9.jpg
江戸時代の有名な庭師・小堀遠州によって作られた庭園だそうです。

shouyou1.jpg
閉園間際に入ったせいか、人もまばら

shouyou10.jpg
風情のある小路が続きます

shouyou6.jpg
池の周りの木々も、色や大きさ種類、見事なバランスです

shouyou4.jpg
1本のもみじが、赤・黄・緑の3色の葉をまとっています
こういうもみじ、初めて見ました

shouyou8.jpg
低い木々は、緑色で、紅葉の赤が引き立ちます

shoyou7.jpg
緑の低木と、紅葉の赤のコントラストが見事です

 紅葉がなぜキレイにみえるのか?今まであまり考えたことはありませんでした。
紅葉(or黄葉)というものは、ただ、赤や黄色の葉を楽しむものだと思っていました。
 もし、すべての木々が、赤や黄色に色づいてしまったら・・・・?
なんだかちょっと、味気ない景色かも・・・
 でもそこに、いつもと変わらぬ緑の木々が残っていたら?
緑の木々が残っているから、赤や黄色が映えるのか?
 引き立て役(緑)がいてこそ、スター(紅葉・黄葉)は輝ける?

変わりゆくもの、変わらないもの。この二つがあるからこそ紅葉は人を魅了する。
 この逍遥園を歩きながら、ふと、そんなことを考えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://totiotome0141.blog.fc2.com/tb.php/267-ad00cee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のりなす

Author:のりなす
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは

どうぞごゆるりと

おくつろぎください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。