たまゆら日記
日々の生活の中で体験したことや感じたことをありのままに記していきたいと思います。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮大なる月見の庭
 2日目は、岡山の後楽園に行きました。
後楽園は、日本三名園の一つで、花(梅)・水戸の偕楽園、雪・金沢の兼六園、月・岡山の後楽園として有名でな場所です。
 確かに、月がキレイに見られそうなロケーションでした。
また、庭園の造りも、関東とは少し異なり、余計なものを一切省いた、シンプルな感じ。
 見ているだけで、なんか落ち着くような場所です。

 後楽園入り口
kurken1.jpg
後楽園は7時半から、見学できます
8時すぎくらいだったので、かなりすいていました

 目の前に広がる蒼(あお)い芝
kurken2.jpg
三名園などと重々しいイメージとは裏腹に、シンプルな庭園で、遠くまで見通せます
偕楽園や兼六園と比べると、木がほとんどなく、原っぱといったカンジ
すみずみまで手入れが行き届いて、すがすがしい!

 古民家
kurken3.jpg
延養亭と呼ばれる、藩主の居間
戦災で焼失したものを、戦後、復元したものです
この奥には、栄唱の間と呼ばれる能舞台があります

 丘の上から望ム
kurken4.jpg
まぶしいような新緑の芝生を横切る白い小道
手前には、燃えるように紅いつつじ、遠くには真っ青な空
最高のロケーション

 岡山城を望ム
kurken5.jpg
ちょうど良い場所に岡山城が見えます
岡山城はその色から別名:烏(からす)の城、烏城(うじょう)とも呼ばれるそうです
姫路城が白鷺城と呼ばれるようなもの?
お城って白いモノだと思っていたので、コレを見たときは、ちょっと衝撃でした
ここから見る月は、さぞ美しいだろうなあ

 池の周りを散策
kurken6.jpg
水が透き通っていて、池の下まで見えます
コイもたくさんいて、池の真ん中に白く見えるのもコイです
澄んだ水には、景色が良く映ります
こういう所も計算しているのか?

 岡山城まで、歩いて移動

 立派な門があります
kurken7.jpg
両脇の石垣をご覧くださいませ
大きな石のすき間に小石がはさまっているのがお分かりでしょうか?
あれは、排水の役目を果たしているそうです
そのおかげで、石がくずれないのだとか
先人の知恵、おそるべし!

 岡山城
kurken8.jpg
またの名を烏城(うじょう)
確かに、カラスが羽を広げているように見えなくもない・・・かも
この黒い色のためか、お殿様の住まいというより、軍事要塞という印象をうけます
・・・もともと、お城ってそういうモノ?

 時間が経つにつれ、たくさんの人が、入園してきました。
私は、新幹線の時間があるので、ここまで。
 朝早く来たので、思いのほかゆっくりとまわることが出来ました。
これで、雪月花の庭園すべてを制覇!
 一番印象に残ったのは・・・う~ん、甲乙つけがたいけど、やっぱりこの後楽園。
ムダなものが一切無く、すっきりとシンプルなところがGood!
 欲を言えば、月の見える時間帯に、もう一度来てみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://totiotome0141.blog.fc2.com/tb.php/248-7970bc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のりなす

Author:のりなす
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは

どうぞごゆるりと

おくつろぎください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。