たまゆら日記
日々の生活の中で体験したことや感じたことをありのままに記していきたいと思います。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作和食は石造りの蔵で
 先日、ひっさびっさに、外でお食事をしました ((∩^Д^∩))
外食なんて、何か月ぶりだろう?
  (胃腸炎がひどかった・・・・
市内を流れる田川沿いにある、石造りの店「石の蔵」 (そのまんまの名前です)
 60年以上前に建てられ、倉庫として使っていたものを、レストランとして改装したお店。
和食といっても、現代的な創作料理。
 それではご覧くださいませ。

 石の蔵
isnkrlv1.jpg
60年以上前に倉庫として建てられたそうです
倉庫としての役目を終えた今、レストランとして再出発
大谷石でできていて、重厚な感じがします

 予約をしていったので、比較的スムーズに入店できました。
私が頼んだのは、2,000円のランチビュッフェコース。
 メインの一皿を選んだら、前菜とスイーツはビュッフェ式。
好きなものを、好きな分だけ食べられるって、ホントいいですね o(^▽^)o

 前菜
isnkrlv2.jpg
野菜中心のヘルシーなラインナップ
使われている野菜は、県内産をメインにしたもの
地産地消の新鮮なお野菜

 デザート
isnkrlv3.jpg
写真だと見えづらいですが、
一番右奥は、抹茶プリン、その隣がいちごプリン
真ん中が、抹茶ティラミス
右手前が、ミニロールケーキで、その隣がお芋のケーキ
見ているだけで、テンション

 前菜1巡目
isnkrlv4.jpg
甘くみていました・・・・
ビュッフェだから大したことないだろうと、さほど期待していなかったのに・・・
どれを食べてもすべて、大アタリ
味のバランスが、どれもサイコ~
素材の持ち味が、十分に活かされているように感じました
真ん中の出し巻き玉子は、デパートで売っていても遜色ないレベル

 前菜2巡目
isnkrlv5.jpg
お気に入りをチョイス
右下の野菜の白和えは、今まで食べた白和えの中で一番の味
白和えがこんなに美味しくなるなんて・・・・
真ん中の手作り豆腐も弾力があり濃厚
左下のミニトマトは、トマトとは思えないほどジューシーな仕上がり
(ミニトマトを酢?orドレッシング?に付け込んで柔らかく煮た?料理)
右上の、ニンジンドレッシングも、新しいお味でした

 主皿 筍のガーリックオムライス 生若布添え
isnkrlv7.jpg
メインディッシュは、数種類の中から選ぶことが出来ます
私は、筍のガーリックオムライスをチョイス
あまり、ガーリックの香りはせず、匂いが気になる方でもOK
出汁の効いたあんかけが、オムライスと渾然一体となってお口の中で、ハーモニー
こういう、和風のオムライスって初めての経験です

 りんご加賀棒ほうじ茶
isnkrlv6.jpg
聞いたことのないお茶があったので、選んでみました
ひと口含むと、口の中に広がる芳醇なリンゴの香り
その後に、香ばしいほうじ茶の渋みがプワ~
お口の中が、リンゴ畑や~って叫びたくなるようなリンゴ感
ちなみに、加賀棒茶とは、石川県の加賀地方の、「茎」を主に使った焙じ茶の一種 だそうです

 お米で作ったプリン
isnkrlv8.jpg
isnkrlv9.jpg
私がイチバン驚いたのは、この、お米で作ったプリンです
味は、チーズのような、クリーミな仕上がりで、粒つぶの食感が残っています
使われている食材が、知りたくなってお店の方に尋ねたところ、
お米を牛乳で炊いて、それをプリンにしたものだとか。
お米を使っているといわれなければ、ごくごくフツーのプリンです
ザンシンなデザートだわ

 「石の蔵」は人気のあるお店らしく、私が行った日は、ランチは予約客で満席でした。
税込2,000円で、このクオリティが楽しめるなら、かなりお得かも。
 主皿は、他にも何種類か選べて、追加料金を払えば、さらに高級なお料理も楽しめます。
様々なバリエーションが楽しめて、とても満足のいくランチでした。

 おまけ

 田川遊歩道に咲く花々
isnkrlv10.jpg

スポンサーサイト
アウトレットクッキーの自販機
 用事があって、東海道線に乗りました。
しか~し、慣れていない路線のため、途中で電車を間違ったことに気づく Σ(゚д゚|||)
慌てて電車を降りました。
しか~し、降りた駅は二宮駅という、快速が止まらない駅。
 あちゃ~、もう少し、大きな駅で降りればよかった。
駅員さんに相談すると、20分後に来る電車に乗り換えればよいとのこと。
 初めて降りた駅、少しの間、駅の近くを散策してみることにしました。
そこで、見慣れない、クッキーのアウトレット自販機を発見
 その正体が、こちら

 湘南クッキー
shnacki1.jpg
へぇ、工場直売のアウトレットですか
こういう場所が、あるのね

 中はこんなカンジ
shncki2.jpg
自販機だけの、無人の店舗です

 ロッカーかと思いきや・・・
shncki3.jpg
やや これも自販機ですか
小さいサイズのクッキーが、何種類か入っていて
金額によって、選べるシステム
これ、ちょっといいかも o(^▽^)o

 二宮駅にて、無事乗り換え完了
電車の中で恐縮ですが、買ったクッキーのご紹介をさせていただきます。

 潮風と太陽
shncki4.jpg
真ん中のジャムがなんだかおいしそうだったので迷わず購入

 中味はこんなカンジ
shncki5.jpg
どんなふうにクッキーが梱包されているのか、気になっていましたが
こんなカンジです
わりとたくさん入ってます

 ジャムの太陽
shncki6.jpg
丸くて赤いジャムが太陽を表しているのか
いちご風味のジャムは、酸味のバランスも良かったです

 波がしら
shncki7.jpg
ヨーグルト味のクッキーというとこに魅かれて購入

 中味はタップリ
shncki8.jpg
根だけたくさん入っていると
嬉しくなっちゃいます

 肝心のお味の方は・・・
shncki9.jpg
フツーのクッキーに、ヨーグルトの粉がかかっていました
今までに食べたことのない味で、とっても新鮮

 他に購入したクッキーは・・・

 寄木細工
shncki10.jpg
箱根らしくていかも・・・

 白い砂浜
sshncki11.jpg
北海道の白い恋人のパロディかと思いきや
チョコレートは入っておらず、ランドグシャのクッキーのみでした
軽く食べられる一品

 おりひめとひこぼし
shncki12.jpg
この時期(3月下旬)になぜ、七夕(たなばた)と思いましたが、
この沿線には七夕祭りで有名な平塚があることを思い出しました
東海道線沿線の駅にゆかりのある名前をつけているワケね

 カワイイ星形クッキー
shncki13.jpg
小さな2種類の星形クッキーが入っていました
サクサクと食べやすいクッキーです

 チョコクッキーかと思いきや
shncki14.jpg
本物の()割れチョコでした
クッキー以外のものも置いてあるみたいです

 ふわふわガレット
shncki15.jpg
名前の通り、フワフワとした食感
しっとりとしていて、もう一つ食べたくなるような美味しさ
結構気に入りました

 たっぷりチョコのフリアン
shncki16.jpg
フリアンって何?って思ったけど
マドレーヌをもっとツルツルとした食感にしたような焼き菓子です
チョコの味は、あまりせず、マイルドな風味が感じられました
初めて食べる味でした

 湘南クッキーって初めてお目にかかりましたが、なかなかの味でした。
アウトレットということもあり、お値段もお手頃。
 自販機ということもあり、誰の目も気にせず商品を選ぶことが出来るのもGood
神奈川県内には、何店舗かあるみたいです。

 何気なく降りた駅で、ステキなクッキーに出会えました
おそるべしっ胃腸炎
 その日は、昼間からなんとなくダルかった・・・・
チョット動いただけで息切れ&汗が出る。
 なんかいつもと違う、でも何が違うかわからない。
とにかく体が、鉛(なまり)のように重かった・・・

 その日は、特に寒く、夜、家に帰ってからも、ゾクゾクが止まらない。
もちろん、食欲なんて全く無し。
 熱を測ると、37℃。

 ・・・・ カゼでもひいたか? ・・・・

 甘かった・・・・
これがすべての始まりだったとは・・・・

 この夜、猛烈な吐○気と○痢。
続に言う 「上から、下から」 (お察しくだされ)

 これだけでは済まなかった・・・

寒さが体に突き刺さるように痛み、立つことも横になることも苦痛。
 まるで、自分の体じゃないみたいな感覚。
体の置き場所がない。

 30分ごとにトイレに駆け込み、体力は消耗する一方。
のどはカラカラ、水を飲むと下○が酷くなるので、水飲みNG。
 冷たい水で、何度も何度もうがいをしました。

 まさか、ノロウイルス

時間が経つごとに、体力が奪われ、夜中2時を過ぎると、寝返りもできない有様。
 それでも30分ごとに、トイレにかけ込まねばならず、体力も限界。
ノロだと、大変なので、うがいをするときは、細心の注意。

体中を、突き刺さるような痛みが襲い、眠ることは、全く出来ず。
 でも、おかしい、たかがノロで、こんなに体中が痛くなるものなのか?

 もしや、インフルエンザでは

 熱を測ると、37.5℃。う~ん、微妙。

このまま朝まで「上から、下から」を繰り返し、朝イチで胃腸科へGO!

 飛び込みだったので、かなり待たされ、待合室がツラかった (ノ_<)

ようやく、診察室に呼ばれ、いくつかの問診の後、医師から告げられたのは、
 
 医:胃腸炎ですね。薬を出しておきます。
 私:ハイ (えっ、胃腸炎って検査とかしなくても分かるものなの?)

とりあえあず、よかった・・・ ノロじゃなかったのね。

 帰りの薬局にて、薬剤師さんとの会話。

 薬:どんな症状で、病院にかかられたのですか?
 私:「上から下から」が酷くて、かかりましたが、検査なしで胃腸炎といわれました。
    ノロではない、顕著な症状が出てたんでしょうかね?
 薬:ノロの場合、検査しても結果が出るまでに治ってしまうことが多いんです。
   念のため、家では、タオルや食器は分けた方がいいですよ。
 私:ハイ (えっ、そうなの?)Σ(゚д゚|||)

 家に帰ると、バタンキュー
食事は全く受け付けず、2~3日、スポーツドリンクだけで過ごしました。

 後で聞いた話ですが、ノロウイルスに対する特効薬はなく、
治療は、胃腸炎と同じだとか。
 そのため、あえて検査をしないことも多いそうです。

何が原因で、胃腸炎を起こしたかは不明ですが、かなりキツかった。
 ノロも、まだまだ流行っているみたいなので、皆さんもくれぐれもお気をつけくだされ。
熱海梅園に行ってきました
 で有名な熱海梅園 に行ってきました。
上野東京ラインの開通で、宇都宮から乗換えなしで、熱海まで行くことが出来るようになりました。
 ほんっと、便利になったもんです。(4時間かかるけどね)
2月の初めにしては、ポカポカと暖かく、絶好の梅見日和。
 それでは、ご覧くだされ。

 撮影日2月初旬

 熱海梅園入口 
atmbien1.jpg
梅まつり期間(2017年1月7日(土)~3月5日(日))のみ
入園料(一般)300円がかかります
この期間以外は、無料開放されているそうです

 紅梅とご対面
atmbien2.jpg
ありました、ありました
今が盛りと咲き誇る梅
ピンクの花が、真っ青な空へと、腕を広げています

 紅梅近影
atmbien8.jpg
梅の花って、花びらが幾重(いくえ)にも重なり、
おしべがたくさんあるのですね
こんな間近で見たのは、初めてです

 場所を移動

 スイセンの花発見!
atmbien3.jpg
梅以外の花も、いろいろ咲いています
白と黄色のコントラストが、早春の訪れを、彩ります
寒いのに、頑張って咲いたのね o(^▽^)o

 高台より撮影
atmbien6.jpg
atmbien4.jpg
う~ん、2月の初めだと、満開にはちょっと早かったかな?
満開になったら見事でしょうね
(コレが全部、ウメボシになったら、さぞすっぱいでしょうねぇ)
くだらないこと、考えないっ

 紅梅と白梅
atmbien9.jpg
坂道を下りながら、2種類の梅が楽しめます
フォトスポットなのか、写真を撮っている人がたくさんいました

真紅の紅梅
atmbien5.jpg
当たり前のようですが、真っ赤な紅梅 を見つけました
今まで、ピンク色の紅梅は見たことがありましたが、
ここまで真っ赤(真紅)の紅梅は初めてです
いかにも、ってカンジです

  紅梅と白梅 ver2
atmbien7.jpg
atmibien13.jpg
atmbien10.jpg
余計な説明は不要
花それぞれが、春を競って咲き乱れるといった感じです
これぞ、紅白合戦

ちょっとひと休み
atmbien11.jpg
黄花亜麻という花だそうです
初めて目にしました
ふとした場所に、緑や黄色があると、なんだか落ち着きます

 今回のベストショット
atmbien12.jpg
紅梅と白梅が、いいカンジに重なり合い、
春らしいグラデーションをかもし出しています

 熱海はこの時期にしては、とても暖かく、歩いていると、汗ばんでしまいました。
園内は、大道芸人さんも来ており、ちょっとしたお祭り状態。
 お茶屋さんには、静岡らしく、緑茶やお団子もあり、お花見気分

満開の梅を、楽しみたい方は、ネットの開花状況を参考にするのがいいかと思います。

 以上、熱海梅園のレポートでした。

ふるさと祭り 東京 2017 に行ってきました ver 2
 お祭りひろばも、だんだん佳境に入ってきました。
演目と演目の間に、つかの間の休憩が入りますが、ブースもおトイレも大混雑。
 ここは、おとなしく観覧席で座っているのがベスト (じゃないかと思う…)
有料観覧席からお祭りひろばを見ると、全国のお祭り気分が味わえる()かもね。

 勇壮な姿の人形
fmtko10.jpg
歌舞伎?を表現している、のでしょうか?
どこのなんていうお祭りかは、分かりませんでした
でも、とてもよく造りこんであることは、遠目にもよく分かります

 青森のねぷたの前で出番を待つよさこいの皆さん
fmtko11.jpg
ねぷた(左側)と大きな和太鼓(右側)
この和太鼓は、歴史的に価値のあるものらしく、日本最大級のものだとか?
どうやって、ここまで運んできたのか、ちょっと気になります

 高知よさこい祭り
hmtko12.jpg
いよいよ始まります
本物を見るのは初めでなので、わくわく ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

選手入場
fmtko13.jpg
控え場所から、踊りながらの登場
斬新な演出だな、と思いきや
これが、よさこい踊りの特徴だとか

 一糸乱れぬ舞
fmtko14.jpg
よさこい祭りのルールは大きく3つ
鳴子を持って踊ること
前進して踊ること
楽曲の中によさこい節を取り入れること
だそうです

ここまでそろうと、圧巻

 後ろ姿も凛々しい!
fmtko15.jpg
”よさこい祭りは、それぞれのチームが、それぞれの楽曲、振付、衣装で参加する自由なお祭り
昨年のよさこい祭りでは、2百チーム2万人の踊り子が高知の街を彩りました”
とのこと

衣装も華やかだし、踊りも軽快、音楽もサイコ~ (^∇^)ノ
よさこい祭りは、さぞ盛り上がったでしょうね

 荘厳な華麗さ
fmtko16.jpg
よさこい踊りとは、鳴子だけを持って踊るのかと思いきや
「ほにや」では、扇子も使うみたいです
この扇子、裏と表がリバーシブルになっていて、場面ごとに使い分けます
衣装も、右と左、後ろと前、と色やデザインが異なっていて、観る人の目をクギ付け

この「ほにや」という踊りは、音楽も現代風アップテンポなのレトロモダン
聞いているうちに、自分も一緒に踊りたくなるような躍動感
私個人的には、東京五輪の開会式に出演するのもアリではないかと思います」
世界的にも受け入れられるレベルではないかしら?

この後
盛岡さんさ踊り (岩手県盛岡市)
刈谷万燈祭 (愛知県刈谷市)
弘前ねぷたまつり (青森県弘前市)
と続いたのですが・・・

 カメラにトラブルが発生し、撮影断念 (ノ_<)
 
感想としては、それぞれ、迫力あるお祭りでした。
 う~ん、できれば写真付きで、ご紹介させていただきたかった
次回に、乞うご期待

 今回、ふるさと祭り 東京 2017の滞在時間は5時間と短めでしたが、
十分濃厚で、堪能できたかなと思います。
 グルメの方は・・・・おにぎりを持って行って正解でした(お察しくだされ)
何回も参加している経験者は、ちゃんと計画を立て、グルメも堪能できたみたいです。
 初心者は、まだまだ伸びしろ()が、ありそうですね。
それも含めて、次回のお楽しみってことで o(^▽^)o

以上、ふるさと祭り 東京 2017 のレポートでした。



プロフィール

のりなす

Author:のりなす
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは

どうぞごゆるりと

おくつろぎください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。